京都産業大・近畿大・甲南大・龍谷大、産近甲龍の2019年入試の
志願者数の増減率が河合塾の模試をベースに発表がありました。

  1. 甲南 +13%
  2. 近大 +3%
  3. 龍谷 +1%
  4. 京産大 +1%

※河合塾の調査より

関関同立は同志社を筆頭に今年どの大学も志願者が減っているが、
産近甲龍はどの大学も増加。

中でも甲南大の増加率が突出している。

定員厳格化の影響で関関同立がどの大学も難化し、
今年は安全志向で産近甲龍など中堅私大を手堅く受験する傾向にある。

近大は今年も志願者を増やしそうな勢いがあり、
おそらくさらに難しくなるだろう。