関関同立の中では、
立命館は付属校が北海道にある影響もあり、
九州・沖縄から東北・北海道からも志願者を集めている人気校。

 

さらに、同志社は西日本NO.1私大だけあって
知名度抜群で、九州・沖縄から関東圏まで受験生を集めています。

 

一方で、関学と関大は圧倒的に関西や中国・四国、
福井県など関西に近い北陸地方や三重県など
関西近郊からの志願者がほとんどで
東日本からは志願者数をイマイチ集められていないのが現状。

 

実際、東京の人で関大と関学の区別がつく人は少なく、
関学に関しては、かんさいがくいんだいがくと思われており、
かんせいがくいんと読める人はほとんどいませんでした。

 

しかし、最近の日大・関学のアメフト部の事件で
かんせいがくいんと全国的に報道されるようになり、
知名度自体は上がりつつあります。

 

関関同立という単語は知っていても、
関大と関学の区別はつかず
関大・関学よりも今勢いのある近大の方が知名度は高いのが現状。

 

関東で関学出身ですと言うと、
ああ関東学院大学ですか?と言われてしまうこともあります。

 

そういう意味でも、
将来東京で働きたい場合、関西以外の人と結婚したい場合あなたは
知名度を考えると、同志社か立命館に進学した方が個人的におすすめだと思います。

 

関西私大の全国的知名度で言うと、
同志社・立命館・近大>関大・関学で、
もっと言うと、甲南・龍谷・京産大などはほとんどの人が知らないのが現状です。